2011年09月24日

感想ありがとうございます(*´△`*)

新作「青空はすぐ側に、言葉はもう語らない」に関してErogameScape -エロゲー批評空間-で感想を頂きました。
とても嬉しいです。
http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=15507&uid=isumi

あまり点数はよろしくはないのですが、感想を頂けた事自体が嬉しいです。
もし本当につまらないのだったら、良いとも悪いとも書かないと思うので。良くなかった、という事でも感想をもらえるのは制作者として幸せに思います。
他にも直接的にメールで感想を頂けて感謝です。
最後は泣いてしまいました、という感想も頂けました!

売上的な事を言ってしまうと「サド侯爵の白昼夢」くらいに数は出ていないのですが、こういう凝ったゲームは少数の人だけに楽しんでもらえればいいものなので、こういうものなのかもしれません。
私は基本的に芸術家肌なので、『努力』と『売上』というのはいつでも反比例します。それは・・・とても苦しい事です。

それでも何人かの少数のコアな、自分と感覚を共有し合える人の為にゲームを作っていけたら嬉しいです。

この発売日に「青空はすぐ側に、言葉はもう語らない」をプレイしてくださった12名の方に心より感謝いたします。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 01:14| 日記

2011年09月15日

「青空はすぐ側に、言葉はもう語らない」について

こんにちは、栖深雪です。
いつもブログを見て下さってありがとうございます。

男の娘ソフトの9月作品「青空はすぐ側に、言葉はもう語らない」について少し語らせてもらおうと思います。

体験版や作品をプレイして頂いた方なら解るかもしれませんが、今作ではある社会的なテーマをベースとして制作しております。
このテーマはあまりにも重く、軽々しく扱えるものではありませんでしたが――、私も一人の人間として、関東に住む一人として、何かしなければならないと考え、今作の制作を行いました。
制作に当たっては「そういったゲームを作るのは止めた方がいい」という意見もいくつか頂戴しました。しかし本当にやりたい事をしないのであれば、創作活動などする意味はないと思い、一ゲームクリエイターとして取り組もうと決めました。

とは言っても、勿論ゲームという娯楽でもありますので。
プレイして頂いた方には、物語やキャラクター達との出会いを楽しんで頂けたら嬉しく思っています。

作品に対する感想やご意見など頂ければ嬉しく思っていますので、お気軽にご連絡ください。
sumika☆gaea.ocn.ne.jp(☆を@にしてください)

よろしくお願いします。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 12:44| 日記

2011年08月15日

コミックマーケット80お疲れ様でした

こんにちは、栖深雪です。

コミックマーケットお疲れさまでした!
男の娘ソフトのブースに来て下さった方、ありがとうございました!

もうすっごく暑くてフラフラになりながら参加してましたが、お陰様でたくさんの人に手にとってもらえて嬉しかったです。
自分の所に行列ができるのは初めての経験ですっごく感動してました。本当にありがとうございます!
ただ、予想以上に多くの方に来て頂きまして、せっかく来てもらったのにお渡しできなかった方には申し訳なかったです。

冬も参加したいので、応募する予定です。
次はどんな風にしようかな、どんなおまけを用意しようかな、作品をどう見せようかな、とか色々楽しみです。
・・受かればですがw

それでは、また新作の男の娘ゲームも制作を始めているので死ぬ気で頑張っていきたいと思います。


良い夏の思い出になりました。
みなさまお疲れ様でした!

posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 15:41| 日記

2011年08月11日

C80参加情報「2日目-U08a」「3日目-ニ29a」

コミケ80での参加に関する情報です。


男の娘ソフトとしては2日目に参加します。
「東2ホール Uブロック-08a」です。

新作の「イトコの娘」を持って行くのと共に、過去作も全て持っていきます。
「ショタ調教物語」は実はこの日がパッケージ版の発売日でもあるので、一応こちらも新刊という事になるんでしょうか。

持って行く本数は過去作がそれぞれ10本程度、ショタ調教が80本、イトコの娘が40本です。

買ってくれた方には、おまけで缶バッヂもプレゼントです。
缶バッヂは100個くらい持っていきます。
絵柄は9種類あります、目当ての絵柄だったらラッキーということで。


あと3日目には友達の手伝いで参加します。
「CARNEVALE 9」さま
http://haruka.saiin.net/~carnevale9/
「東6ホール ニブロック-29a」です。

こちらで売り子手伝いをするのですが、ちょっとだけなら置いてもいいよ、と言われてるので少しだけ持っていきます。
多分、2日目で残ったものを置かせてもらうくらいかと思います。


当日は暑くなりそうなので用意はしっかりしていきたいと思います。
凍らせたペットボトル、タオル、うちわ、あたりは必須かなとw

ではでは、よろしくお願いします。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 02:43| 日記

2011年08月04日

8月新作「イトコの娘」、HP作成しました!

新作、「イトコの娘 〜ツンデレ男の娘ナッちゃんとの、ドキドキ居候DAYS!〜」のHPを開設しました!!
http://otokonoko-soft.skr.jp/hp_itoko_01top.html

今回もまた制作がギリギリでして、情報を出すのが遅くなってしまいました。
C80に向けて間に合うように今死ぬ気でやっているところです。


さて、作品ですが今回は『ツンデレ男の娘』です!
毒がピリッと効いた少しブラックな作品になっていると思います。
ちょっぴりドSで口が悪くて、ツンツンしてるけどデレる時もある、そんな可愛い男の娘ナッちゃんを愛でるゲームです。
二等身イラストもあって、またこれまでにないほのぼのした雰囲気もあります。
もちろん、エロエロでもありますよ。

今回の制作の経緯は、以前の作品でも何度か絵を描いていたただいた羅将神TOC☆さんの男の娘世界をゲームにしてみたい、と感じた所から始まりました。
実はこの「イトコの娘」、TOC☆さんの同人誌で前編が出ているのですが、後編はまだ出ていません。
そして、なかなか後編を出してくれないので「じゃあ男の娘ソフトのゲームとして作ってもらえばいいじゃないか!」と考えたわけです。
時系列的には「イトコの娘」前後編のその後のお話です。
もちろん、導入で説明とかあるので知らない人もおもいっきり楽しめると思います。

更に今回は一枚絵のイラストだけでなく、小物、背景、インターフェイス、と多岐にわたってTOC☆さんにイラストを提供してもらいましたので、作品全体として非常にまとまった世界観になっていると思います。まさにTOC☆さんワールドです!


あと、今回はコンパクトな作品となっています。
ボリューム的にはこれまでの作品の半分くらいです。
毎月出すのはやはりかなり無理がありまして・・、そろそろ制作が追いつかなくなって来たという実情もあります。
1作目のベルダーシュから5作目ブルーエデンまでは、男の娘ソフトを始める半年以上も前から制作して色々用意していたのですが、そういった用意していたものを出し尽くしてまた新規で色々と企画をしているわけです。

なので、これからしばらくはコンパクトな作品も織り交ぜながら、男の娘作品を発表していきたいと思います。



制作追い込み頑張りたいと思います。
夏コミで初頒布(2日目、U-08a)しますので、楽しみにしていてくださいませ!

ではでは。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 03:43| 日記
最近のコメント