2015年11月27日

『創作とはどうあるべきか』

“男の娘ソフト”ではこれまでたくさんの作品を制作して来ました。
姉妹ブランドの“女王様ソフト”や“FUCKソフト”も立ち上げ、“幻霜夜会”も含めての4ブランドで出来るだけ多様な作品を作りたいと考えて活動をして来ました。
全てで34作品を制作致しました。

性欲を満たす為のエロに特化した作品だけではなく、自立した自分らしい生活、不条理と狂気、福島原発による放射能の恐怖、おバカコメディ、挫折と青春、芸術と孤独、金と資本主義の経済学、グノーシス宗教、など多様なテーマに挑戦して来ました。

人によっては、エロ同人でそんな事しなくていいのではないか?、エロ同人に余計なテーマは要らない、という意見もあると思います。
しかし私にとっては、エロというのは基本的なベースであり、エロにプラスして更に何をプラスできるか、という事を常々考えていました。

同人の世界では、商業と違って、自分自身の決定で自由に作品を作る事が出来ます。
私は色々なテーマを表現したかったし、色々な形のプロジェクトを運営したいと思っていました。
ですので、私のブランドでは、続編やシリーズものはオムニバスの“男の娘パラダイス”以外には一切ありません。
1つ1つが完結した作品であり、1つのテーマにつき1作品で終了です。それ以上はありません。
エロにしても、全ての作品で違うテーマのエロジャンルを扱い、同じことは二度とやらない方針を貫いてきました。

また、男の娘ソフトは1作品ずつのクオリティをもっと高めて欲しい、という意見も頂いた事がありました。
それについては、力不足で申し訳ないとしか言い様がないと思っております。
企画がたくさんあり、色々な作品を出したかったので1つ1つの作品に資金と時間を100%つぎ込むことは出来なかった、とは確かに思っております。

最新作の“楽園へのアタナシア”ではこれらの思想を集約した形での作品であり、“楽園”と“無”をテーマとしています。
これは人間にとって究極の課題であり、この世の全ての宗教の根源的テーマであると考えています。
それを私なりに表現しようと思って、色々な作家さんに声をかけさせて頂き、なかなかメンバーも見つからず、途中で様々なトラブルにも見舞われて、トラブルトラブルまたトラブル、とあって4年もかかってしまった次第です。発表からお待たせ致しました・・・。

“楽園へのアタナシア”では中でも、権力、愛、哲学、という3つの人間存在の究極の要素を扱い、それらが無に帰すまでの物語を描いています。
“無”について普段多くの人は考える事はないと思いますが、この作品を通じて、考える良い機会をご提供できるだろうと考えております。

私にとっては、同人だろうと商業だろうとどうでもよく、純粋に自分の信じる作品を創りたい、という事だけを考えて活動を続けて来ました。
ユーザーさんの需要を満たすという事も重要ですが、それ以上に私にとっては、自分の作りたい作品を創るという事にも重点を置いて制作をしてきました。
特にこの“楽園へのアタナシア”ではそれが顕著です。多分、この世に今迄にない作品を生み出せただろうと思っています。

『創作とはどうあるべきか』という解答については人それぞれですが、私にとっては『それを作った後に死んでもいい』、と思えるものにしたいと思っています。
“楽園へのアタナシア(男の娘ソフト)”、“富豪遊戯(FUCKソフト)”、の2作品はそういう意味で多少は満足できる作品にできたと思っています。

長文となりました。
ありがとうございました。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
『創作とはどうあるべきか』 by 栖深雪 (03/29)
『創作とはどうあるべきか』 by John Kim (03/16)
C84お品書き by 男の娘ソフト (09/03)
C84お品書き by 名無し (09/02)
C84お品書き by 男の娘ソフト (08/20)