2011年05月13日

「男の娘娼婦の館 ブルーエデン」発売致しました!

「男の娘娼婦の館 ブルーエデン」、本日ついに発売致しました!
お待たせ致しました!

今作は「男の娘×男性」がメインのH重視な作品となっております。
夜のお店で働く、絢や夜魅子といった可愛くもエロい男の娘達の夜の物語です。
男の娘達はそれはもう様々なテクを用いてお店を訪れる男性達を骨抜きにしていきます。こんなお店があったらすばらしいなぁ、といった願望もあってこの作品を作ったかもしれませんw

作品の見所としましては、まずはやはりイラストの美しさが挙げられると思います。
独特の重厚なタッチで描かれるHシーンイラストはかなり素晴らしいものになっていると思います。
この作品ならではの世界観を見事に表現されていると思います。

シナリオもエロエロでありながらも、それだけでなくキャラクター達の日常も見所があると思います。
本気なのか冗談なのか解らない、愉快なキャラクター達の会話はとても面白いと思います。
一言で言うと、笑えます。
Hシーンの濃厚な描写も実用性十分だと思います、男の娘達が喘ぎまくりです。みんなエロエロ。
そして物語のある意味中心にいる、隆蔵というキャラ。本当にこういう人っていそうだなぁと思えそうな程にリアリティ溢れる魅力的な?キャラクターだと思います。

ボイスも今回特に素晴らしいものになっていると思います。
絢も夜魅子も緋咲も、どれも素晴らしい演技だと思います。
中でも、個人的には緋咲のボイスは特筆すべきものがあると思います、笑えます。とにかく笑えます。
制作中苦しい時、何度もこの面白ボイスに救われ、元気をもらいました。

ブルーエデンは、男の娘ソフト第一弾であるベルダーシュと同時に制作を始めました。
すごく長い時間がかかった様に思います。でもその分、良い感じの作品に仕上がったのではと思ってます。
楽しんでいただければ嬉しいです。

それでは、ブルーエデンでの妖しくも愉快な夜の時間をお楽しみくださいませ。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 17:15| 日記
最近のコメント