2011年03月24日

恥辱の逆教育実習、発売に関して

先程ショップ様から連絡がありまして、ついに予定通りの恥辱の逆教育実習の発売が正式に決定いたしました。
発売日前日という本当にギリギリのタイミングではありますが、なんとか依頼した全ての販売サイトでOKがもらえましてホッとしています。

ただ、販売サイトによって表現規制などの基準が異なりますので、サイトによって多少の変更があります。
こちらは、公式HPのリンク部分にどのような違いがあるのか明確に記述いたします。

今回の制作はこれまでの男の娘ソフトの作品の中では、最も大変な制作でした。
過労で倒れてしまうのではと自分自身何度か感じました。信じられないようなトラブルが2,3回あってどうすればいいのか悩むことも多かったです。
しかし一緒に制作いただいた方々が本当に頑張ってくれましたし、大変な状況下で色々な方が手を貸してくださりました。
その結果、なんとか、完成と発売決定に至る事ができました。
関わってくれた全ての方、本当にお疲れ様でした。感謝申し上げます。

作品内容についてですが、今回は初のノベル形式という事もあって試行錯誤がありました。
ゲームシステムの組み直しも多少必要でしたし、表現方法も今までとは違った方法をとらなければなりませんでした。
イラストの出し方、立ち絵の表示の方法、背景絵の使い方、ボイスの出し方、文字表示の方法……etc、できるだけいい作品にできるようにがんばったつもりです。
自分なりに苦心したのは、イラスト表示のウェイトやメッセージウィンドウ表示・非表示のタイミングや長さです。細かい所ですが、快適にプレイする為には大事な部分なので、調整には時間をかけました。
もしこの辺りの演出が過剰だと感じられる方は、演出OFFの機能もあるのでカットできます。

また、当然のことながら、シナリオは素晴らしいものだと思います。
私自身も一ファンである、高木かおりさんに依頼してシナリオを書いて頂きました。成人した男性が強制的に女性の格好をさせられ、幼児へと堕とされていく様は本当にドキドキします。
自分に投影して感情移入できると、もう素敵な世界に飲み込まれてしまいます。
是非、啓明女学院でのステキな生活を満喫してください。

イラストも本当に綺麗なものに仕上がったと思っています。
鬼瓦さんと羅将神TOCさんに依頼し、世界観に相応しいキャラクターデザインと色彩で見事に表現してくれたと思っています。
お二人共、大変な状況下でとてもいいイラストを上げてくれたと思います。
個人的に好きなキャラクターは、真智子さんです。あんな素敵なS女性に責められたらと妄想するだけで……ハァハァってなります。
まぁ、責めてくれる女性も、見てるだけで責めてはくれない女性もいますが、そこは妄想で補っておきましょう。

なんとかいい感じの面白い作品になったのではと思います。
みなさんに楽しんでいただけたら嬉しいなと思っています。
posted by 栖 深雪-スミカミユキ- at 16:16| 日記
最近のコメント